いつの日か,優しいママに。

つまづいてばかりのアラフォー女のつぶやきと不妊治療通院記録です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ヨガに行ってきました3

「根津先生みたいに公表する医者があまりいないだけで
水面下では代理母なんて話はごろごろあるわよ。
孫を産んだお母さんがHMGやHCGの効く体で良かったわよね」
「妹さんの卵使うのがイヤだからって
この前韓国まで卵を買いにいった人もいるわよ」
「受精卵の培養液は医者によってずいぶん違うらしいわよ」

そんな話をレッスン前に伺いました。
「代理母を認めて40代50代の人のいいアルバイトを作るのも
いいんじゃない?まだパワーあるもの。相場は400万よ。」
なんて発言にはちょっと引きましたが
培養液の話は興味深かったですね。
各夫婦に合わせて培養液を作ってくれるところがあるそう。
たしか「ジンノ」っておっしゃってたかな。
ちょっと調べてみましょう・・発見!
京王線沿線・・行けない場所ではないけれど・・規模小さそう。
KLCのあとに行くところじゃないような感じ・・かな。
KLCの培養液は三種類くらいあるんですって。
そんな話先生からは聞いたことなかったけど。

未妊仲間のブログがいっぱい
スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。