いつの日か,優しいママに。

つまづいてばかりのアラフォー女のつぶやきと不妊治療通院記録です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

手術をすることに

検査結果を聞きに行って来ました。

タイ癌の検査は問題なしだったのですが
輪切り(MRI)の方でやっぱりちょっと
筋腫の位置が妊娠するのに非常に不都合な
場所にある,ということがはっきりしました。

問題の筋腫はたった1cmくらいですが,子宮入り口の
うんと近い位置で塞ぐような形であるのだそう。
「この位置にある場合分割卵での妊娠例はまずないです。
胚盤胞なら例がなくはないですけどね」
(あらー・・石女確定なのね・・
見事な不妊カップルだったということですか・・)
「手術,どうしますか?
僕の意見としては内部のコンディションを
整えてからの方がいいと思いますけどね」
「あのー・・手術したら不正出血なくなったり
生理痛軽くなったりします?」
(私には今子供よりそっちの方が重要・・)
「軽減する可能性は大いにあります。
よく見えないんですけど左にありそうな内膜症の
チョコなんかもこの手術で一緒に取れますし」
「じゃ,ぜひ,お願いしますっ」

というわけで,12月の頭に腹腔鏡で
手術をすることをとっとと決めてきました。
入院は一週間だそう。
同意書やら注意書きやらをもらい・・
必要な血液検査,心電図,レントゲンなどを
ひととおりやって帰って来ました。
よく読むと注意書きにはけっこう怖いことが書いてあり
ちょっとだけ不安ではありますが・・まあ,大丈夫でしょう。
念のため身辺整理はしておこうかな。

マイホーム計画はひとまず休止です。
(営業を追い払うのがタイヘンそう・・)

お願いします。
スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。