いつの日か,優しいママに。

つまづいてばかりのアラフォー女のつぶやきと不妊治療通院記録です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

BT6

姫生活中ですが
派手に転んで打ち身をつくったり
捻挫をしたりなどしています。
(捻挫なんて四半世紀ぶりかもしれない・・)

KLCやYクリであれば中間判定日の時期ですが
今のクリニックは判定日が遅い・・遅いのです。
来週まで待たねばなりません。
正直かなりイライラしています。

診察時に
「hcgの値は計らないのですか?」
と聞いてみましたが
「まだはかりません」
とのこと。
・・・さいでございますか・・。

黄体ホルモン値がいまひとつだったため
プロゲストンが倍に増やされました。

もうお尻が毎日の注射でがちがちです。
熱ももってかなり腫れています。
アイスノンなどで冷やしてくださいね
とのこと。
冷やしますとも・・しんどいもの。
お腹はあっためお尻は冷やす・・ちょとややこしい。


会計で追加となった注射薬剤費用を払いながら
これ無駄なのじゃないの・・?
もうお腹の中はからっぽなんじゃないの?
と沈鬱な思いでいました。

・・hcg値知りたいな・・。

身体には特にこれといった変調はありません。
胸がちくちくする程度。生理前と似ています。
基礎体温は薬のせいか高温をしっかり維持。

判定は来週です。
スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。