いつの日か,優しいママに。

つまづいてばかりのアラフォー女のつぶやきと不妊治療通院記録です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

d10,d12

d10
内膜はすでに10mm。文句のいいようのない厚み。
勝手にのんでいるLカルニチンのおかげ?
内診を担当するだけの医師が毎回腫れをみつけてぐずぐず。
「あの、わりといつも腫れます」
「手術しているのでそうなるそうです」
「院長先生は問題ないとおっしゃってました」
なんてことを言うとやっと終わります。
二日後通院指示。移植日決定となる、か。

d12
水騒動と余震に狼狽えながら通院。
下手で感じの悪い年配の採血担当者に苛々。
痛いと言ったら「針を刺すわけですからね」ときた
移植日はd17と仮決定。
本日よりまた注射の日々が始まります。
新たにデカドロンという飲み薬もでる予定。
着床の手助けとのこと。

憂さ晴らしにでかけてきます。
スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。