いつの日か,優しいママに。

つまづいてばかりのアラフォー女のつぶやきと不妊治療通院記録です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

検査結果2

夫の検査結果と時間のかかる染色体の検査結果などがでました。
夫の結果についてはKLC時代から言われていた通り
顕微でやった方がいい、と診断される状態、
(やはりHでふりかけでいけるなんていわれたのは間違いだった!)
染色体や感染症はまったく異常なし、でした。
自分の染色体の形など普通見られるものではないので
ほっほーと興味深く眺めています。

安心料と面白がり料にしては
検査費二人で15万は高すぎる・・とどうしても思うけれど
拒否できるものではなかったので仕方がありません。
まだもうひとつ・・結果が出ていない遺伝子の検査が
あるはずだけれど・・ひと月後かな・・?

今日の診察は副院長だったため丁寧でした。
先日は威張りんぼな先生で・・質問しにくかった。
そうそう・・先日ちょっと戦った・・
とても威圧的で不愉快だったコーディネーター氏について
採血の看護師さんにちらっと「もう二度とお話したくありません」と
ぼやいたところ、今日も会わなくてはいけないはずだったのですが
すぐ対処していただけました。
通院のストレスがすこし減り、ほっとしています。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

院長にAMHの数値について聞いてみたら、数値よりも卵の数のが重要だと言っていました。
だから、あまり数値を気にしない方が良いそうです。

私もコーディネーターは、何度も話していますが…いつも威圧的で、感じがとても悪いです。なんであの人がコーディネーターを出来るのか、いつも疑問に思います。

採卵は、洗浄で痛がってるとすぐに麻酔を始めてくれます。

移植は夫の立ち会いが出来ます。移植後は、手術台→ストレッチャー→ベッドまで起き上がらずにズリズリと移動します。
私は始めての時に、ストレッチャーへ起きて移動しようとしたら「起きないで移動して」と言われました。

30分ベッドで、安静にします。トイレに行きたいのですが、なんとなく我慢してしまいます。
着床に影響はないと言われますが…

今回の移植は院長が休みの日で、副院長になりました。
副院長も丁寧でした。

採卵うまくいくと良いですね。

のら | URL | 2011年02月03日(Thu)22:46 [EDIT]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。