いつの日か,優しいママに。

つまづいてばかりのアラフォー女のつぶやきと不妊治療通院記録です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ジプシーになろうか・・?

クリニックへ行ってきました。

診察室で院長に
「私は顕微でと言ったのに体外にさせられてしまった」
と言ったら・・
そのやりとりをした培養士にまわされてしまいました。

培養士から説明(言い訳?)をいくらか受けられたのは
収穫でしたが、私は院長にも6つあった卵胞が
たった一つになってしまった理由を聞きたかったため
丸投げされたことに非常にがっかりしました。
おさえるべきところをおさえていない・・と感じます。

院長に会えそうになかったため培養士に聞いてみたところ、
排卵済みだったわけではなく、薬に負けて小さくなっていき
消滅したのだろうという話をされました。
・・あまりきいたことないけどほんとなのだろうか?
スプレキュアをしないのは卵の質を悪くするからだとも。

今日は卵がまともに分割していれば
数日後フレッシュでいれるかどうかなどの
相談をするはずでした。
結局・・培養士とにらめっこして
お金を払うだけ、の通院となりました。

本日の支払い額は
異常受精の卵、3日目までの培養費用
38,000円。

ちなみに先日支払った採卵の費用は
205,400円。

転院してきたHメディカルクリニック、
居座ろうか戻ろうかうつろうか
正直とても迷っています。

悪くないところだと思うけれど
心から信頼することができません。
今回一度採卵までやってみて
いくつもひっかかるところがでてきてしまいました。
結果を出してもらえなければ通う意味はありません。

しかし見限ってしまうにはまだ早い。
Yクリから移った人に成功例もある。
通院のストレスはYクリより圧倒的に少ない。
採卵は麻酔をかけてくれて・・泣かないですむ。
・・今思いつくメリットはそのくらいだけ。

採卵して二日ですが、実はまだ出血があります。
腫れてはいません。
麻酔してもらえて処置中痛くないのはいいのだけれど
先生の腕は確かなのだろうか。すこし不安を感じます。
麻酔してるとどんな風にされたかわかりません。
無麻酔の方がいい面があるかもしれない。
そんなことも思ったりしています。

看護師は香水臭く、培養士はタバコ臭かった。
小さいことだけれど・・神経に障ります。
スタッフの方々・・あたりはとてもよいけれど
いつも台本を読んでいるような対応。
長期治療経験者も初心者も同じ説明をうけます。

元新橋Yクリ仲間がMMいいよーとすすめてくれています。
そうね・・そちらへうつるのもいいかもしれない。
スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。