いつの日か,優しいママに。

つまづいてばかりのアラフォー女のつぶやきと不妊治療通院記録です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

採卵日,まとめ

6:50 クリニック到着 (オットお腹の調子が悪い,と
お手洗いへこもってしまいました・・ここから別行動)
7:00 一人でクリニック受付
私はすぐ呼ばれ5Fへオットは待合室で待機。
(オットは感染症検査の採血などしたよう)

5Fナースステーションで受付
ロッカー付きで仕切りのあるベッドにちょっと感動。
KLCより夢クリの方が良い,です。
術衣に着替え,ゆめノートなどをぱらぱら眺めたあと横になり
リラックスしようとしていると看護士さんが血圧を測りに。
下が70上が110。まあそんなものでしょう。
8:?しばらく待ったあといよいよ順番が近づいたらしく
お手洗いにいくようにとの指示。
尿は邪魔ものなのでお腹を押してできるだけ出し切ります。
キャップをかぶり下着を外し待機。名前を呼ばれ,オペ室へ。

(この間のことは痛すぎてあまり覚えていません・・)
消毒からもう痛くて痛くて力がどうしても入り・・
何度も何度も先生にも看護士にも注意されたこと
目を閉じていたら一度開けろと言われたこと
「おしっこが出てない痛い痛いと思って緊張してると出ないんや」
と不機嫌そうに言われたこと
LだとかSだとかの培養士さん達の声・・
覚えているのはそんなところです。
すぐ脇にあるモニターなんて見る余裕まるでありませんでした。

ベッドにもぐりこんでいつまでも泣いていたら看護士が血圧を測りに。
下は80上が140。・・あらら30も上がりましたか・・。
いつまでも涙がとまらず・・ああ自律神経がおかしい・・と
我が身を憂いしばらくずっとべそべそしていましたが
血圧は30分弱で元に戻ったのでお手洗いへ促され
血まみれのガーゼをよいしょよいしょと二枚抜いて
服に着替えたあと次は診察ですと言われ4Fへ。

オット採精。(私が痛かった辛かったもうこんなの嫌と泣いている頃)
指示書とは違う動きでした。初診扱いされなかったよう。
9:?「ご主人はご予定おありだったらもうお帰りいただいていいですよ」
と言われオット一人で一旦帰りかけます。
メールで連絡を受けびっくりして慌てて呼び戻しました。
日曜の採卵なのに一緒に診察を受けない夫なんて薄情過ぎます。

10:? 内診
いつもなら何やかやとしゃべりながら診る先生が,無言でした。
・・・さっきやたら痛がったから?怒ってる?と怯えます。
10:? 診察
「ご主人の状態,あんまりよくないみたいやね。
まっすぐ進む精子が少ないね。奇形率もかなり高いし
体外は難しいやろね。顕微ということでいいかな」
先生,ふりかけができないレベルなことくらい以前より承知しております。
T院長自身がお書きになったKLCの時のカルテのコピー
お手元にあるはずなのですが・・見てから話していただきたいです・・。
これじゃまるではじめましてじゃないですか。悲しい・・。

11:? 培養士からの説明→会計
採れた卵の画像を見ながら説明を受けます。
やっぱりまともそうなのは3つ・・いや,完全なのは2つ・・。
きっと先へ進めないであろうひどく未成熟なのが2つ。
あ,グレード聞くの忘れてしまった・・・。

今後の予定
18日14:00に受精確認の電話
19日10:00に分割確認の電話
24日15:00に胚盤胞凍結確認の電話

お薬は・・
抗生剤と胃薬が二日分。
今日から14日間プラノバール。

お会計
採卵針などの消耗品費:40,000円
オットの感染症検査等:6,236円

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ未妊仲間のブログよめます
スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。