いつの日か,優しいママに。

つまづいてばかりのアラフォー女のつぶやきと不妊治療通院記録です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ETの日、まとめ 

昨日のETの記録。
オットの診療の流れ
9:30 KLCの4F受付へ
10:00採血
11:20 診察室で説明。
11:30 IVF受付に14万円支払。
13:20 培養担当から説明。
13:50 リラックスルームへ。
14:40 ET
~15:20 ベッドで安静。
(15:00 デュファストン内服)
15:30 会計でおつりをもらい終了。

私の動き,感想ほか
9:30 朝食を必ず取れとの指示により
必要以上に食べてしまい後悔しながら
KLCへ。

10:00採血のあと9Fで結果待ち。
ちびさんが走り回って大騒ぎ。
・・・二人目不妊の人・・
もうすこし考えて。
ここに静かにできない子なんて
連れてこないでください。

11:20 副院長せんせのおはなし。
「14:00から一番でやるから」
わあ緊張。
「ET後の薬は今のまま
エストレースとデュファストンね
エストレースは緑から紫になっとるから」
はい~。・・紫?どう違うんでしょ?

11:30 IVF受付に14万円支払。
「膜をどうとかするってせんせおっしゃってました?」
は?いや?なんとも。
「じゃあ普通のですね。
14万円で足りると思います。お預け下さい。」
・・・ちょっと多めに持ってきておいてよかった。
たしか110500って書いてあったはずなんだけど?
きっと薬代ですね。

13:20 培養担当から説明。
太目の先生から凍結していた受精卵の
説明を受ける。
「卵の凍結は以前は余剰卵の保管という
意味で行っていたけれども、現在は
より成功率を上げる方法として
行っています」とのこと。
・・・一個しかできなかった受精卵。
これがダメだったらまた最初からやらないと。
「グレードがいいから前よりは可能性ありますよ」
と先生。グレード1はかなりうれしい。
もらえるかと思った資料はまだお預けのよう。

13:50 リラックスルームへ。
14:00からって聞いてるのにどうして
こんなにぎりぎりに呼び出されるの?と
かなりぴりぴりした精神状態。
この状態でETはきっとよくない
・・・と思っていたら
「Tせんせー待ちでーす」の声。
順番がどんどんあとへ。
良かった先生まだ来ないみたい・・。
落ち着け落ち着けとベッドで深呼吸。
二番目の予定で一番になった隣の人に
「痛かったですか?」と感想を聞く。
この方は仙台からいらしてるそう。
通われるの大変でしたね・・・。

14:40 ET
副院長先生到着。
気持ちも落ち着いていざ施術室へ。
痛みはやっぱりある・・けどAIHよりちょっと上くらい。
最初の消毒をする時が辛い・・かな。
カテーテルが入っていく時も気持ちの悪い痛みが。
看護婦さんが優しく
「あちらのモニターみてくださーい
あれが分割卵です。
はい、カテーテルで卵はいっていきまーす
この白いのがそうですよーみえますねー?」
と教えてくれます。
一度目の時これにはちょっと感動しました。
今回は・・やっぱりそれなりに痛いのと・・
先生が途中でPHS?でお話されたりしたため
あまり感動はできませんでしたが。
・・大丈夫とは思うけど・・・やっぱりちょっと
集中してくださってない気がして悲しいので
あれはやめていただきたかったな・・・。

15:20 までベッドで安静にする。
(15:00 デュファストン内服)
看護婦さんから資料や薬をもらいます。
資料で受精卵が申し分ない状態だったのを確認。
発育速度-良いフラグメント-少ない
割球の大小不同-均一割球の形-整
つかまえて薬についていくつか質問をしました。
書き込みいっぱいのメモ帳によると
紫のエストレースは緑の半分の量なんだそう。
忙しいのにわりと丁寧に答えてくれて感謝。

15:40 会計でおつりをもらいおしまい。

駅でもどこでもそろりそろりと歩いて帰宅。
ちょっと変な人だったかも。

帰ってきたら家の中は大掃除中。
足の踏み場もない状態。おまけに寒い寒い。
迎えにきて欲しかったんだけどな・・。
大掃除してくれるのはありがたい・・けど
帰ってきたらまず横になりたかったの私・・・。
オット殿の理解というのはこんな程度なんですね。
もっと説明しておかないといけなかったのかな。
このしんどさは本人じゃないとわからないのでしょう。

まとめ?終わり。

未妊仲間のブログがいっぱい
スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。