いつの日か,優しいママに。

つまづいてばかりのアラフォー女のつぶやきと不妊治療通院記録です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

判定日

10時前 来院
10時半頃 受付でやりとり
(ここの受付はちっとも態度が優しくない)
11時 採血
12時半頃 診察室で先生からお話
13時過ぎ会計

副院長せんせとのやりとり
「今回ね、残念やけどあかんかったわ
胚盤胞でないと難しいかもしれんね」
「・・何がいけなかったんでしょう?
出血したらだめになるんでしょうか?」
「いや、出血は関係ないよ。
うーん・・今回卵はかなりよかったんやけど
中で育たへんかったということやろね。
そういう人もおるんよ」
「・・・そうですか(えー育たないの?)。」
「次は胚盤胞しましょう.
えーとな・・すこし間あけた方がいいんやわ。
で・・そやね・・13日目においで。」
「はい~ありがとうございました。」

・・というわけで
アウトでした。

優等生の卵だったのにね。
残念でした。
・・たぶんもういないような気はしてたけど

しばらくおやすみして・・
もう一回か二回・・がんばりましょーか。
・・・がんばれるのかな。

未妊仲間のブログがいっぱい
スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。