いつの日か,優しいママに。

つまづいてばかりのアラフォー女のつぶやきと不妊治療通院記録です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

いざ、採卵

採卵日、予定より早まりました。
明日、採られてまいります。

今日夕方に採卵時間確認の電話をすること。
21時までに夕飯を済ませること。
21時半に座薬。
朝はおそらく早い。早めに寝ましょう。

今日までのまとめ。

今回私が行っているのは
ピルなしのアンタゴニスト法での誘発。
クロミッドもジュリナも使っていません。

d3
内診、注射開始、採血
ゴナール150×2

卵胞は二つ確認。
数が少ないから強めの薬でいくよ、とのこと。
コーディネーターが苦手と伝えたら
副院長せんせが代わりに丁寧に説明してくださりいたく恐縮。

抗生物質が一週間分夫婦ともに出る。ヒプラマイシン。
雑菌が混ざらないようにするためとか。
今までのところと比べずいぶん細かい、と感じる。

32,427円

d4
注射のみ
ゴナール150×2

この注射は痛いから頑張るように、と
看護師から言われるがたいして痛くない。
注射の痛みは看護師の腕次第、かも。

23,053円

d5
注射のみ
23,053円
ゴナール150×2
そこそこ痛い。内出血のあとができる。

d6
注射のみ
ゴナール150×2
10分進んでいる2階の時計を見ていて
受付機と無駄に戦う。直してほしい・・。

d7
内診、採血、注射
卵胞は5つあったようにみえました。
欲を言えばもうすこしおっかけで増えてほしい。
いくらか腫れ・・シスト・・があるようす。

ゴナール150×2
低容量Hcg 50

53,728円

帰宅後、携帯に直接副院長せんせから
検査項目に足りないものがあったから
明日採血させてね、との電話連絡。
事務員からじゃないことに驚く。

結局・・よそで検査したはずのものはほとんどみな
使ってもらえず再検査、ということです。ふう。

d8
内診、診察、採血、注射
ゴナール150×2
ガニレスト
低容量Hcg 50

8か9も卵胞が見えたことに喜んでいたら
「採ってみないとわからない」とのお言葉。
大丈夫・・わかってます。
大きさもまずまずです。10~16mm。

内診で先生がちょっと固まっていました。
シストがあると・・不都合なことがあるのかな・・?
腫れが自分でもわかります。しくしく痛い。
慣れていますが気になります。

44,203円

d9
午後指定通院
ゴナール150×2
ガニレスト
低容量Hcg 50

36,277円

d10
夕方指定通院
内診、診察、注射
「うん早く大きくなりましたね。採りましょう。」
採卵日決定。

ゴナール150×2
低容量Hcg 50

手術の際に使う予定の薬が体に問題ないかどうかの反応チェック。
すこし反応が出て・・別の薬を使うことに。

コーディネーター(女性)の説明。
胚盤胞でなくフレッシュ分割卵での移植をするよう。
・・卵管くくってても分割卵???
多少不安に感じています。
無駄なことはしたくないのだけどな・・。

採卵は静脈麻酔でやってもらえるようお願いしました。

36,713円

夜21時に再通院
Hcg 10000

d11
採血のみ(薬の効きの確認だそう)
6,362円

d12
採卵予定

スポンサーサイト

PageTop

6採れました

後日載せます

追記

6→3

PageTop

移植してきました

本日、新鮮胚移植してきました。

三つ以上いい状態の卵ができた人には
胚盤胞まで培養することをすすめているとのことですが
私はそこからは外れてしまいました。

いい状態のはひとつきり。
それを戻してきました。

判定日は22日。

ずっと注射の日々です。

PageTop

凍結できました

見た目はよくなかったのに、二つとも培養成功。
凍結できました。
なんと五日目肺盤胞もひとつあります。
今のが駄目でもまだいける。
ほっとしています。良かった。

今日中間判定かと思っていたけれどhcgの値は計られませんでした。
「今調べても無駄」
とのことです。
そうなんですか…。

待合室からでした。

PageTop

ここ数日の近況など

プロゲストン
今は貼り薬(エストラーナ)と
注射(プロゲストン50mg)の日々です。
サプリも何種類かのんでいます。

先週は毎日通わされていましたが、
自己注射の講習(夫が受けます)が済み
自宅でしてもよいようになったため
今週半ばからは通院しなくてよくなり
ネットの中をふらふら彷徨っています。

自分が特別に不幸であるとか幸せだなんていう風に
考えることは私はないのだけれども
不幸をうんと嘆いている人や
反対に幸せをひけらかしている人に遭遇すると
やはりそれなりに気持ちがざわつきます。

不幸でもないのに嘆いている人と話すのが
一番しんどいように思う・・。

だから何?
いえ・・なんとなくただぼやいているだけです。

体調に変化はほとんどなく
ほんのすこし眩暈がした程度。
卵は存在しているのだろうか。

PageTop

本日判定日・・・と命日

思い出したくない日と判定日が重なっています。

今日用事があるのは私にとってよいことのように思います。
またうちのめされるかもしれなくっても。

さて・・行ってきましょう。

生理痛がきそうな下腹部痛がします。

PageTop

Out!

だめでした。
残念でした。

判定日のことは気が向いたら追記する・・かも。

・・・・・・・・

判定日当日は長い長い待ち時間と
院内を奇声を上げて走り回る子供にとても閉口しました。

あまりひどいので目の前に来た時に一度捕まえたのだけど・・
親は謝りませんでした。
あなたに二人目つくる資格・・ないんじゃないの?
と言いたいなあ・・・ととても思いました。

クリニック側はああいうのどうして注意しないのだろうか・・。

血液検査と尿検査
両方やって(必要なのかしら?)4時間待って
アウト判定もらって(先生に申し訳ないと謝られて)
一万円弱払って・・おしまい。

来院時・・エレベータにあとから乗ってきた人が
当たり前のように一番先に機械にカードを通したのですが
(もちろんマナー違反であることは言うまでもありません)
その人は・・その人も判定日のようでしたが・・
うまくいったのか・・ちゃんと注射をして帰っていきました。

・・厚かましさが母になるための必要な要素なのだろうか。

私は注射も貼り薬もストップ。
次はd1~3に通院せよとのこと。

AMHが低いからか
「そんなに間は開けない方がいいでしょうね」
とのこと。
続けて挑戦しても大丈夫なのであれば
最短コースでお願いします
とお願いしました。

次の移植は次々周期。

PageTop

d2

先日の判定は残念ながらやはり間違いなどではなく
いつもの赤いお客様、
注射をやめたらとっととご来訪あそばされました。

まあそんなものですね、いたたたた、と
女性専用車両で重痛いお腹をさすりさすり通院。

移植準備周期にはいりました。
プラノバール(ピルですね)をこんな時期からのみはじめ、です。
生理の真っ最中にプラノなんてのんだことあったかしらん・・??

判定日当日も謝っていただいたのですが
先生、今日も謝ってくださいました。

「お役に立てなくて申し訳ない」
「いい卵だったし、内膜も問題なかったんだけどね」

以前しょーきちドクターにはKLC時代もYクリでも
「卵に力がなかったっつーことやろね」
なんて何度もあっさり言われていたわたし・・
今回とても残念そうに言ってもらえたことに
涙がでそうになりました。

まだ頑張りますよ。

・・胚盤胞、あってほんとに良かった。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。