いつの日か,優しいママに。

つまづいてばかりのアラフォー女のつぶやきと不妊治療通院記録です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

D0

LH・・6.4
P4・・12.4
すこし頼りない数値でしたが移植しました。

移植後筋肉注射
15:00よりデュファストン二錠
毎日7:00 15:00 23:00

卵は・・145hの卵だそうでした。
6日目胚盤胞ではあるのですが
145hは成功率のグラフなどで見ると
7日目扱いとされていました。
(そのグラフ・・成績を良く見せようという作為を感じますね)
そのあたりでがくっと成績が悪くなるのかもしれません。

あまり期待値は高くありませんが
一応姫生活をします。
次回通院はD4。

スポンサーサイト

PageTop

夢クリ中退

中間判定日も判定日も0.0でした。

院長にまたここで体外をするつもりかどうか聞かれ
先生にお世話になりたいとは思うのですが
(ここで軽くいいですよーの返事)
採卵が痛いのが私はとても辛いのです、と言ったところ
普段院長があまりいいことをおっしゃっていなかったはずの
クリニックを勧められてしまいました。

○○区にお住まいやったら○○クリニックがいいんじゃないですか
あそこは採卵麻酔使いますしね、時間かけるから

まあ・・もう来るなと言われたわけではないのだけれど
あっさり転院する方向で診察終了になりました。

こちらの院長先生には
6年くらい前からお世話になっていて
妄信的といえるくらい信頼していたし
一度結果も出していただいたから
離れるのはとても不安なのだけれども

以前から気になっていたクリニックへ
問い合わせをしてみることにします。

しばらくよそでお世話になって
(中くらいの刺激で卵を複数個とりたい・・)
どうしても戻りたくなったら戻ります。

完全に一からやり直しです。
専門医は4つめ。
助成金の対象からも外れるけれど
もうちょっとがんばれわたし。

・・・・・・・

診察後・・まっすぐなんて帰れなかったため
院長にきついことを言われてMMに移った
治療仲間さん二人を呼びつけランチしてもらいました。

気持ちが助かりました。
お二人ともどうもありがとう。

PageTop

予約いれました

以前から気になっていた男性不妊が得意のクリニックへ
初診の予約をいれました。
電話の印象は非常によい、です。

ちょうどd3になりそう。
最短で次周期採卵ということができるかも・・?

問診表は四枚もあるけれど
これでは言いたいことが言い切れない・・。
データの整理をして・・伝えたいことをまとめなくては。

PageTop

d3 転院しました

総武線沿線のHクリニックへ行ってまいりました。

とてもきれいなクリニックです。
・・セレブっぽい方がくるところ・・なんじゃ?
私、場違いじゃ?
そんなことを思いながらもぞもぞ待合室にいました。

受付・・説明員・・コーディネーター・・先生
採血の人・・5名とやりとりしましたが
先生と採血の人以外みな異様に丁寧、でした。
高いお金払っても当然かもしれない、と思えるような。
(でも新橋より料金設定は安い気がする・・)
採血は下手で残念でした・・。たまたまであるといいな。

今周期採卵、ということにはさすがになりませんが
必要最小限の検査をしてもらい、
(数週間前にしたばかりの感染症の検査はまた必要らしい。。)
最も我々に合う方法で誘発→採卵→培養→移植
とすすめていただけることになりました。

先生には
大変でしたねと数回言っていただけました。

・・夢の先生もこういう風なら良かったのに。

技術はどうなんでしょう・・。
コーディネーターさんという方の説明では
正直多少不安要素もあったのですが・・
まあ、しばらく体を預けてみます。

PageTop

通院二回目

現在、夫夏休み中、です。
というわけで・・私の通院と同じ日に予約をし
精液検査などもしていただいてきました。
血液検査もそうなのですが、夢クリとちがい、
外注なので当日は結果がわかりません。

今日は・・術前検査のようなものを一通りしました。
悔しく載せようと思うけれども・
しばらくはちょっと無理だと思われます。

私は夫が休みで一緒にいると・・調子が狂います。
落ち着いたらのせるつもりです。

PageTop

次周期採卵

先週行った検査の結果が出ました。

内膜症・・問題なし。
プロラクチンの値、問題なし。
卵巣が腫れているのは・・クリッピングのせい?
刺激する際の薬を調整する必要があるとのことでした。
OHSSにならなければいいけれど。

夫の方は・・
まあ・・前と変わらないようでした。
最近は奇形率ではなく正常形態率といって逆の数字を言うのですね。
なるほどこちらの方が傷つきにくいか・・でも・・同じこと。

先生「精子の数がなければ増やす治療というのができるのですが
あるのでね・・申し訳ないですがこれは何もできないです」
私「はあ・・そういうものですか」

先生「どうしますか?次もうやります?」
私「あ、はい。やりましょう。可能なら。」
先生「できますよ。」

というわけで
次は・・d3に来るようにとの指示。

一人でも入れそうな喫茶店をいくつか見つけながら帰ってまいりました。

すすんでおります。
たぶん。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。