いつの日か,優しいママに。

つまづいてばかりのアラフォー女のつぶやきと不妊治療通院記録です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

手術をすることに

検査結果を聞きに行って来ました。

タイ癌の検査は問題なしだったのですが
輪切り(MRI)の方でやっぱりちょっと
筋腫の位置が妊娠するのに非常に不都合な
場所にある,ということがはっきりしました。

問題の筋腫はたった1cmくらいですが,子宮入り口の
うんと近い位置で塞ぐような形であるのだそう。
「この位置にある場合分割卵での妊娠例はまずないです。
胚盤胞なら例がなくはないですけどね」
(あらー・・石女確定なのね・・
見事な不妊カップルだったということですか・・)
「手術,どうしますか?
僕の意見としては内部のコンディションを
整えてからの方がいいと思いますけどね」
「あのー・・手術したら不正出血なくなったり
生理痛軽くなったりします?」
(私には今子供よりそっちの方が重要・・)
「軽減する可能性は大いにあります。
よく見えないんですけど左にありそうな内膜症の
チョコなんかもこの手術で一緒に取れますし」
「じゃ,ぜひ,お願いしますっ」

というわけで,12月の頭に腹腔鏡で
手術をすることをとっとと決めてきました。
入院は一週間だそう。
同意書やら注意書きやらをもらい・・
必要な血液検査,心電図,レントゲンなどを
ひととおりやって帰って来ました。
よく読むと注意書きにはけっこう怖いことが書いてあり
ちょっとだけ不安ではありますが・・まあ,大丈夫でしょう。
念のため身辺整理はしておこうかな。

マイホーム計画はひとまず休止です。
(営業を追い払うのがタイヘンそう・・)

お願いします。

スポンサーサイト

PageTop

順番を間違えた,かも

もし不妊治療を考えた7年も前の時,
今行き始めた総合病院のようなところへ通っていたら,
今頃は自分の側にはもう小学生になるくらいの子供が
いたかもしれない・・。
そんなことを考えます。

不妊専門医が絶対いい,と思い込んで
走りこむのは間違い,かも。

無駄なステップアップ治療
薬漬けの生活
高い出費

長い不妊治療期間は人にもよりますけど
社会での孤立感も高まるし
夫婦の不和も招きますし
いいことありません。

ずいぶんいろいろ無駄にしてきたわあと
振り返り,あれこれ思っています。

お願いします。

PageTop

通院日でした

本日は先週の心電図やら血液検査やらの
結果のお話と,簡単な手術の説明と,
あと入院の手続きをしてまいりました。

手術について家族にも説明しなくてはいけないと言われ
家族って・・・?オット?親?とちょっと迷いました。
(一応オットにお願いします。)
もし身寄りがなかったら手術する時ってどうするんでしょね・・。

家族への手術説明をその病院の体外受精説明会と
同じ日に設定してまとめて受けてきちゃうつもりです。
(そこでIVFをする場合は必須らしいので。)

そういえば・・ちょっと前に未妊婦仲間さんに
以前私が行っていたKLCの体外受精セミナーについて
質問されてたことに答えるの,失念してました。
まだ間に合うでしょうか?ここに載せちゃいますね。
あのセミナーは夫婦そろって行くものでしたよ。
一人で参加してる人は見なかったです。
KLCも夢も予約が必要です。
他の医院とは違い,強い薬を使わない医療方針の説明や
特殊な針の説明などけっこう詳しく行うため,長いです。
疲れるの覚悟でいってらっしゃあい。

お願いします。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。