いつの日か,優しいママに。

つまづいてばかりのアラフォー女のつぶやきと不妊治療通院記録です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

微熱

微熱といっても36.8~37.7!・・まだ続いてます。
ほんとになんでしょねこれは。
でもわりと元気で通勤電車にも乗れました。
今週いっぱいは働くことになってすこしおこずかいも入るし
次の周期の指定日にはKLCに行くとしましょう。
そろそろお客様が来訪します。

KLCに通い出すとまたあの痛い採卵が待っている
と思うととっても憂鬱になりますが。

未妊仲間のブログがいっぱい

スポンサーサイト

PageTop

内科の役立たず

やたら微熱が続いている原因は
内科の血液検査ではわかりませんでした。
「婦人科に相談してみて」
なんていわれてちょっと憤慨。
ややこしい病気じゃなくてよかったケド。

数日前から卵巣あたりが鈍く痛むので
きっとまたいくらか腫れているのでしょう。
KLCに普通の治療でかかるのは気が重いことなので
しばらくは様子見です。
排卵の時期が過ぎれば落ち着くかな・・。
「あしたばくらぶ」の会員さんから借りてきた
「赤ちゃんが欲しい」の雑誌を
読んだりしておとなしく過ごすとします。
この雑誌の情報・・期待していたより薄いです。
自然妊娠可能な人も読むからでしょうね
未妊仲間のブログがいっぱい

PageTop

あしたばくらぶ

頭が痛いと寝ていたら
隣の階段のMさんに誘われお散歩に行くことに。
EVEを4錠も飲んで無理矢理治し出発!

Mさんも子なし働かずの主婦。
ミレニアム婚というところまで私と同じ。
歩きながら思い切って聞いてみたら
(こういうことは聞くタイミングが難しい)
やっぱりお仲間だということが判明。
・・・どちらかというと私より難しい・・感じ。
卵管の状態も卵の出来も。既に顕微9回だとか。
でもとても前向きでやる気にあふれているのが
ちょっと不思議なくらいでした。
どうしてそこまで頑張れるんでしょう・・・?

彼女は「あしたばくらぶ」に入っているそう。
年会費5000円を払うと
雑誌「赤ちゃんが欲しい」が定期的に送られてきて
専門医にFAX相談ができる・・らしいです。
卒業できないのがこわいから自分ではいる気はないけど
これからはいろいろと情報交換ができそう ♪

未妊仲間のブログがいっぱい

PageTop

判定日

10時前 来院
10時半頃 受付でやりとり
(ここの受付はちっとも態度が優しくない)
11時 採血
12時半頃 診察室で先生からお話
13時過ぎ会計

副院長せんせとのやりとり
「今回ね、残念やけどあかんかったわ
胚盤胞でないと難しいかもしれんね」
「・・何がいけなかったんでしょう?
出血したらだめになるんでしょうか?」
「いや、出血は関係ないよ。
うーん・・今回卵はかなりよかったんやけど
中で育たへんかったということやろね。
そういう人もおるんよ」
「・・・そうですか(えー育たないの?)。」
「次は胚盤胞しましょう.
えーとな・・すこし間あけた方がいいんやわ。
で・・そやね・・13日目においで。」
「はい~ありがとうございました。」

・・というわけで
アウトでした。

優等生の卵だったのにね。
残念でした。
・・たぶんもういないような気はしてたけど

しばらくおやすみして・・
もう一回か二回・・がんばりましょーか。
・・・がんばれるのかな。

未妊仲間のブログがいっぱい

PageTop

助成金の書類

去年はたしか1ヶ月くらいで書類を作ってもらえたのに
今年は多すぎてKLCの作業が追いつかないみたい。
「作成に2,3ヶ月かかるので各自治体の締め切りに
間に合わなくなる可能性があります。
ご了承いただけますね」
・・・了承しなくってもそうなっちゃうんでしょ?
じゃあ仕方ないじゃない・・でも変な話。
年度末に受けた人はもらえないってことよね。
家計の苦しい夫婦を助けてくれるべきなのに。

未妊仲間のブログがいっぱい

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。